クリスチャン・ルブタンのピンヒールを安く買うには?

ルブタンのピンヒール

私の大好きなクリスチャン・ルブタンのファブリック素材のピンヒールです。

ルブタン以外でもそうですが、定番以外の希少なデザインのものは数が少なく、
再販もされないことがほとんど。

人気で定番化になるパンプスもありますが、こちらはあまり見かけません。

ルブタンのパンプスのかわいいデザインとの出会いは一期一会。

見つけたその日に買わないと、モデルさんや芸能人、スタイリストさんに買われてしまうこともよくあります。

特に、銀座のルブタンの路面店や伊勢丹新宿のルブタンは業界人も必ず立ち寄るエリア。

しかも、私の足のサイズは36なのですが、同じルブタンでもデザインによっては35だったり、35ハーフだったりと結構違うんですよね。
だからBUYMAとかでは絶対に買えません。

ちなみにルブタンは中敷きもちゃんと伊勢丹などでは用意されていて、
中敷きが汚れてきたら交換ができます。

いい靴を履くと、いい人に巡り合えるとか、
いい靴を履くと、いいところに行けるとか。

いろいろな説もあります。

靴だけでもいいものを履いているとやっぱりテンションが上がります。

ちなみに、以前パリのルブタンでも買い物をしましたが、
その当時、ユーロは1ユーロ/108円だったので、
かなり割安で買えました。

ヨーロッパは免税書類を出せば消費税がクレジットカードに戻ってきますし、
日本で買うよりずっと安くルブタンが買えるんですよ♪

それに私はユーロが1ユーロ/96円だったときに100万円分シティバンクに預けました。

今日そのユーロは1ユーロ/133円。
それで換算すると。。37万円+です。

かなりプラスになってますw
その利益でルブタンが3足くらいは買えますね。
パリでは4足は買えるかな?

シティバンクは為替手数料が片道1円かかりますが、
海外に行くときは現金に両替もできます。

シティバンクゴールド会員だと手数料も安かったりするので、
海外旅行によく行く人には便利です。

為替も安いのか?高いのか?はチェックしてないとわかりません。

いまだ!という判断も日頃マネーリテラシーを磨いているからこそできるものです。

ルブタンも日頃からチェックしていないと、自分の好みのデザインには出会えません。
リサーチは高い買い物に置いては特に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>